RSS

検討する価値

エレベーターこれが頻繁に繰り返されると、エレベーターの故障の原因になるのはもちろんだが、メンテナンスの費用も高くなる。外廊下側にエレベーターがある場合も、横吹きの雨でエレベーターホールが水浸しになる危険性が高いだけに、こうした事態を避けるためにも、何らかの対策を講じる必要があるわけだ。以前、見たマンションで何も雨対策をしていないところがあったので「水が入って大変じゃないか?」と質問したところ、「大丈夫ですよ。廊下に排水勾配があるから」と平然と答えられてしまった。たしかに廊下には緩い排水勾配があり、水は建物の外側に向かって流れるようになっている。しかし、雨が吹き込めば簡単にエレベーター内部に水が入ってしまうことに変わりはない。そんないい加減なことをいうディベロッパーのマンションは、検討する価値すらない。では具体的にはどんな雨対策があればいいのか。エレベーターの左右の端からまっすぐ手すりの壁に延ばした線よりさらに左右1メートル、最低でも90センチの幅で、ガラスの覆いをつくればいい。これだけで雨の降り込みはほとんど防ぐことができる。何だ、たったこれだけか、と思ったかもしれないが、たったこれだけのことで後々の維持コストは天と地ほど変わるから、マンションは恐ろしいのである。